【君が想うよりオオカミ】    男女の間に友情という観念は成立するのかを描く小説       【TVブロ酢】           辛口、甘口でないスッぱい批評        【となりのレトロ】


by tencho77

君が想うよりオオカミ ♯6

『 折り返し連絡ください。 いそぎ東京に向かいます。 ケイゴ 』

車中、幾度となくメールを打った。
あいかわらず彼女の携帯からは、返信、応答がない。

「阪神から名神に抜け、東名でいいよな。」

ティーダを運転してくれている友人が言った。

「お、おう。」

どことなくぎこちない返事。
今までの出来事を話すか、話すまいか迷っている。
話したら、すぐ警察に通報されてしまうかもしれない。
いや、もう誰かが通報しているかもしれない。
奴も含めて・・・。

( 田戸さんはどうなっただろう・・・。 )

考えたくない。
心も現実も逃避行している。

腹が鳴ってしまった。

「途中のサービスエリア、大津あたりに寄っていくか。」

ティーダ乗りの友人は、東京へ行く理由をあまり深く尋ねてこない。
気をつかってくれているようだ。
所持金も無く、理由あって電車や高速バスで移動できないので乗せてくれ、と突然連絡した。
はじめ少し怪訝な声ではあったが、こころよく引き受けてくれた。

「そうだな!俺もあそこの名物定食たべてぇし。」

必死に明るくふるまった。

カーステから流れる好きなBGM、R&B系バラードが耳心地よい・・・。

♪WRECKS N EFFECT 『 Juicy 』
♪BOBBY VALENTINO 『 Slow Down 』
♪AVANT 『 4Minutes 』
 
景色は朝焼けしはじめた。


朝焼けか、夕闇なのかどちらかわからない。
紅蓮色背景の島影が頭に浮かんだ。
b0179540_2014158.jpg

どこか懐かしい原風景的な感覚だ。

逆光でよく見えないが、海は瑠璃色がかっている。
都会の汚い海とは違うようだ。
さざ波の音以外、あたりは静寂だ。
南のどっか・・・の島なのか。


「おい!着いたぞ。」

びくっと反応し、ダッシュボードに手をぶつけた。
少し眠っていたようだ。

「お。まずは期間限定出店中、『休す屋』の鎌団子でも食うか?」

「いや、先にメシにしよう。」

ゲイBARでのバイトが東京から来た客もいて忙しく、昨日の昼からなにも食べていなかった。

「じゃあ俺は名物、テンプラDX定食。」

ティーダ乗りの友人に先を越されてしまった。

「じゃあ、俺は・・・・・海老フライ定食でいいや。」

テンプラDX定食は名の通り、テンプラが種類と共に山盛りだ。
海老やイモはもちろんのこと、ブリやふなのテンプラまでもが盛ってある。
ティーダ乗りの友人はテンポよく食べはじめた。

「よく朝からそんなに食べれるな。サービスで付いてたそれも。」

「ああ、ひじきか。俺、ひじきは別腹だから。」

すきっ腹で急に好きな海老フライを、がっついてたいらげた影響か、また腹痛が襲ってきた。

「食ってる途中ですまん。手洗いに行ってくる・・・。先に車へ戻ってて。」

しょうがないなという顔で、友人はひじきをつつきながら見送っている。

別棟の手洗いからレストランに戻りながら、駐車場のティーダを見ると空席だ。

レストランの自分のいた席に目をやった。

友人がいない・・・。

食器も片付けてある。

2階から、琵琶湖が展望できるのでそっちへ行っているのだろう。
お土産売場などがある2階へあがった。

早朝なので人影はまばら、いい感じで琵琶湖を望めた。
琵琶湖に彼女の笑顔をオーバーラップさせ、ぼーっとしていた。

見覚えのある顔が一瞬、少し離れた視界の先にはいった。
その男は同じプロダクション所属、大阪事務所によくいる俳優だと思う。

( イトゥ?・・・・・なぜここに? )

いやな胸騒ぎしてきた。

イトゥに見つからぬよう、駐車場へ行って遠まきにティーダを見た。

左の前輪、右の後輪、共にパンクさせられているようだ。

高速道路のサービスエリア。
逃げ場がない・・・。

とっさに人の気配が少ない建物の裏手にまわっていた。

パンか何か食品の納品で、トラックが停車している。
サービスエリアへは高速道路を使わなくても一般道から納品できるようになっている。

( これの荷台に隠れて乗ってしまうか・・・。 )

無理だ。
そんなことしても、すぐにドライバーに見つかってしまう。
頭の中が真っ白だ。
思考回路がうまく働かない・・・。

突然、腕をつかまれた!

「こらお前。万引きか。」

右手に伝票を持ったドライバーだった。

動揺しながら必死に嘘をついていた。
友人にからかわれ、東京ヘ向かう途中でこのサービスエリアに置き去りにされた。
車の故障、けが・・・。

「ふ~ん。仕方がねぇ。乗せてってやるよ。そのかわり、俺の苦手な伝票を仕分けしながらだぞ。」

職人気質のドライバーは気前よく助手席に乗せてくれた。
万が一ドライバーに通報されても、事情を説明しそのまま警察に保護してもらおうと考えていた。

「俺は猫山ヒロトっていうんだ。おまえは?」

「お、沖谷ケイゴです。」

「普段は東京でコンビニの納品廻りだ。運がいいな、今朝は臨時便だぜ。」

トラックは名神高速を東へ向かった。
伝票の仕分けをしながら、猫山に感謝の言葉を何回も何回も繰り返した。
恐怖を忘れるかのように世間ばなしや東京のことを話していた。

「おっといけねぇ。」

猫山はトラックを路肩に突然止めた。

バックミラーに赤い光を点滅させた白バイが映っていた・・・。





to be next ♯7






■Car Stereo BGM♪■

 1.WRECKS N EFFECT 『 Juicy 』
 2.BOBBY VALENTINO 『 Slow Down 』
 3.SOULⅡSOUL 『 Keep on Movin 』
 4.AVANT 『 4Minutes 』
 5.ISLEY BROTHERS 『 Blast Off 』 feat. R.Kelly
 6.JOHNNY GILL 『 My My My 』
 7.ORAN “JUICE ” JONES 『 The Rain 』
 8.KIPPER JONES 『 Poor Elaine 』
 9.BLACK STREET 『 Look In The Water 』
10.BOYZⅡMEN 『 Water Runs Dry 』
11.DUPONT 『 Love Only Comes In My Dreams 』
12.RALPH TRESVANT 『 Sensitivity 』
13.ROGER 『 I Want to be Your Man 』
14.E.U. 『 Taste of Your Love 』
15.ZAN 『 Love Juicy 』

■こねたんの存在■

【 職人名 】 ※敬称略

 南のどっか

 急須屋

 kamadango

 テンプラDX

 海老フライ

 ブリ

 ふな

 ひじきは別腹

 イトゥ

 ヒロ猫ヤマト

【 小ネ単語 】

 カーステから流れる好きなBGM、R&B系バラード
  私がこういう音楽を好きなだけです。

 紅蓮色背景の島影
  圭壱のこの薄っすらとした記憶が大きなポイントです。

 2階から、琵琶湖が展望できる
  実際の名神高速道路(上り)大津サービスエリアの構造です。

 大阪事務所によくいる俳優
  イトゥさんのプロフィールご参照。

 サービスエリアへは高速道路を使わなくても一般道から納品できる
  実際にほとんどのサービスエリア、パーキングエリアがそうなっています。
 
【ストーリー】

 東京へ行くことを阻止しようとする組織、追いかける公安警察を描いています。
[PR]
by tencho77 | 2009-05-20 20:15 | 【君が想うよりオオカミ】