【君が想うよりオオカミ】    男女の間に友情という観念は成立するのかを描く小説       【TVブロ酢】           辛口、甘口でないスッぱい批評        【となりのレトロ】


by tencho77

君が想うよりオオカミ ♯8

『 品名:マドロス 品番:9000 』

商品請求カードに記入して、受付カウンターに出した。

店員は「しばらくお待ちください。」と言って、奥からしばらく戻ってこない。

携帯が鳴る。

「もうOKか。わかった。」

店員が戻ってきて、カウンターの鍵を外し中へ通される。

秋葉原のゲームショップ『 GERUNIKA 』。
店内は所狭しとレトロ系ゲームが陳列されている。

カウンターの内側奥は、壁のように段ボールが山積みになっている。
中古として販売するために、買取ったゲームが入っているのだろう。
その段ボールの人1人ぶん通れるくらいの隙間から見える扉に向かった。

扉にほど近い段ボールのいくつかは、中に監視カメラが隠してあるようだ···。

店員がカウンターに戻ると、扉をノックした。

「やま。」

「さーん。」と笑いながら店長が迎え入れた。

「ベタな合言葉みたいなことすんなよ!面倒くさい。」

「まあまあ。そう怒んなさんな、池袋さん。」

店長は不適な笑みを浮かべて椅子に座った。

「今どき小学生でも、あんな合言葉ごっこしないぜ。」

あきれた表情で腰かけた。

「今日は福岡からですか?」

「ああ。徹夜状態でね。」

店長は、それは大変だというしぐさで冷蔵庫から、何本か茶を出してくれた。

表向きは主にファミコンを中心に、中古レトロゲームを扱っている。
その傍ら、裏で合法なモノは当然、違法なモノも含めてありとあらゆるモノを扱っている。
裏ブローカーとしても店長だ。

「途中までデータ解析は出来てる。」

「途中からを私に解析しろと、池袋刑事。」

「その呼び方はやめろよ!確かにそうだが公安だからよ。」

「捜査協力手当はでるんすか?」

「協力の結果によってだな。」

敵か味方か···。
どうせ金次第で変わるんだろう。

「とにかく時間もそんなに無い。これだ。」
店長は渋い表情で、USBをPCに差し込んだ。

「画面フリーズ後に出たファイルが、まずこれですね。」

画面には名簿、リストのようなものが表示されている。


 個体1 伊保 能人 ■■ A

 個体2 部■ ■■ 宮城 C

 個体3 ■■ ■■ ■■ F


「個体1、いぼ のうひと?」

店長は漢字に弱そうだ。

「いぼ のいと。メタル系バンド『 伯爵 』のリーダーだった男だ。」

「ああ、道プロの。道プロタレント、
ゆうすけサンタマリアぐらいしか知らないなぁ。」

虫食いお題のようなところを出現させようと、
慣れた手つきでハッキングのような解析が始まった。

 hayato 2438
 baggio 0326
 NKGW01

店長は次々と暗号のような入力を繰り返した。
出てくる情報を収集、編集した後、ピタリと入力を止めた。

「残念ながら、虫食いは埋まらないです。」

「やはりそうか。リンクするあと何データが必要だな。ひとつは見つけて大阪からくる予定だ。」

「でもこのファイルで、ひとつだけですが別記録データを引き出せそうです。」

店長はそう言うとゲーム機を一台棚から持ってきた。

「PCエンジン?飽きちゃってゲームをプレイか!」

「違いますよ。これはPX‐G900っていうデータ解析マシン。
違法だから、あんたら連中にわかんないような外ヅラにしてんの。」

だから商品請求カードにも呼び出す時はあんな暗号だったのか。
ほとほと店長の脳ミソは、小学生レベルの駄洒落だなと呆れていた。

PCエンジン、いや
PX‐G900をPCにつなぎ、起動させた。

画面は一瞬、暗くなったがすぐに戻り、
先程のリストでは無いデータが浮かび上がった。

「どうやら軍事施設からこの個体達に対するモノを手に入れてるようですね。」

「どこの軍事施設だ?」

「沖縄ですね。」

「買い主みたいなのはわかるか?」

「ええ、有上という武器商人です。私も少し知ってます。」

「少し?」

「ええ、軍の基地など裏からの武器横流しのプロ。祖父からで彼は三代目です。」

「軍側の協力者とかは?」

「いますね。たぶんこのシステメンコという人物。階級は大佐のようです。」

携帯が鳴った。

携帯からの報告を聴いて、おもいきりテーブルにパンチした。

「そんなに拳で叩かないで下さい!衝撃でマシンが壊れちまう。」
店長の嘆きはうわのそらのようだ。
目を閉じてうつむいている。

「どうしたんですか?」

「対象者に誤解されて、なかなかデータ入りUSBを渡してもらえず···。
あっち側に拉致された。」



to be next ♯9





【 職人名 】 ※敬称略

 マドロス9000

 ゲルニカ

 やまさーん

 裏店長

 何本茶

 ゆうすけサンタマリア
 
 hayato 2438
 
 baggio 0326
 
 NKGW01

 情報の収集(編集)
 
 PX‐G900

 アルウェットⅢ世

 システメンコ大佐

【 小ネ単語 】

 秋葉原のゲームショップ『 GERUNIKA 』。
  店名にインチキくささをもたせるため。インチキ度10%UP!

 ファミコンを中心に、中古レトロゲームを扱っている
  すいません。もちろん実際の私の趣味です。
  人脈を生かし、色々手に入れるので「裏ブローカー」と言われていた時期もありました。

 敵か味方か···。どうせ金次第で変わるんだろう。
  今後のストーリー展開でのポイントかもです。

 個体3 ■■ ■■ ■■ F
  誰でしょう?これが誰であるか重要です。個体2は「部寺 穂香」。

 いぼ のいと
  もちろん「揖保の糸」。

 軍の基地など裏からの武器横流しのプロ
  実際にアルウェットⅢ世さんが車と軍事関係(武器)に詳しそうであるところから。

【ストーリー】

  池袋刑事が福岡から上京し、自身もPCに精通していますが、
  ハッキングや裏社会に精通している店長を訪ねてきて、捜査協力を依頼、
  データの解析をし始めます。
[PR]
by tencho77 | 2009-05-24 02:03 | 【君が想うよりオオカミ】