【君が想うよりオオカミ】    男女の間に友情という観念は成立するのかを描く小説       【TVブロ酢】           辛口、甘口でないスッぱい批評        【となりのレトロ】


by tencho77

カテゴリ:【進ぬ!電波中年】( 5 )

「あったあった、やっばりこっちの建物だ。」

山の中腹、スネークでも侵入が困難そうな超巨大要塞・・・にみえるC医大病院の一角に着いて、
「間違わなかっただろ!」とでも言いたそうに得意げにじいさんは言った。

じいさんに運賃2,000円くらいを払ってその夜間救急窓口の門をくぐった。

いまどきの「新撰組リアン」って言うんだっけ?みたいな若いちょっとイケメン軍団が受付だ。

「すいません・・・で、でんわをした者ですが・・・。」

新撰組リアン?の一人が「ああ。」とすぐ理解してくれて、待合室で車椅子に座らされた。

車椅子に座るなんて人生はじめてだった。
車椅子は楽だが、右下腹にはやはり差し込むような激痛が時々襲ってくる。

待合室には泣き叫ぶ小さな赤ちゃんを連れた若い夫婦や、
たぶんマスオさんが救急車で運ばれたであろうサザエさん一家風家族、
包帯を手首に巻いている貞子のような女性。

23時にも関わらず、私も含めた沢山の急患がいる・・・。
事件性もあるのだろうか、警官の二人組が二組、つまり4人うろうろしている。

「おい!飲み物!」

同じように車椅子に乗った、顔がボコボコに腫れた男子が
車椅子を押している彼女であろう若い女子に偉そうーに命令している。

ゴリラーマン?いや、くにおくんか?龍が如くか?警官がいるのもこのためだろうか・・・。

彼女であろう若い女子は文句の一つも言わずに甲斐甲斐しくジョアのストローを彼の口にあてた。

その顔で「ジョア」って・・・・・。
私は必死で笑おうとする自分にこらえていた。

テレビのドキュメンタリーのように夜間救急はバタバタしていて、待たされて朝がくる・・・・
と想っていたが、10分も待たずに処置室へ通されカーテンでしきられたベッドへ横になった。

「どこが痛いですか?」

すぐに胸に『研修医』という名札を付けた、NEWS山下智久×ロッチコカド÷2の先生があらわれた!

コマンド?
■たたかう(研修医じゃなくちゃんとした先生で対応しろ)
■にげる(研修医なのでまた出直してきます)
■どうぐ(研修医なので自分で痛み止めの薬を使います)
■まほう(研修医たけど大丈夫だ!なんとかなるという暗示をかけます)

ドラクエ戦闘BGMと共に4つのコマンドがうかび、『たたかう』か『にげる』を選びたかったのだが、
痛みに耐えきれそうもなく、HPも0に近い私は仕方なしに『まほう』を選んだ。

研修医が腹を触診していると、オードリー若林似の(ちゃんとした)先生があらわれた。
二人で診察してくれるようだ。

「じゃあ次に、直腸の触診だな。」

「!」
おおかた予想はしていたがやっぱりついにきた。

「では尻をこちらに向け、パンツを脱いで『くの字』のような姿勢になってください。」

「女医さんか看護婦にチェンジ!」などと言えるはずもなく、研修医の言葉にただ従うだけだった。
研修医がゴムのコンドー・・・違った、手袋をはめる音がする・・・。

「まず人差し指で第二関節まで入れて」
指導をするオードリー若林先生が予告してくる。

ずぶ!

「お、おきゃん!」
なぜかこの言葉を心の中で叫んでいた。

「大きく息を吸って下さい。」
研修医の人差し指が、ずぶすぶと私の菊門の中に入っていく・・・。(R18指定)

右下腹の激痛が気になり、菊門への痛みはさほど感じなかったが、身が出ないように気をかった。

「うーんだいぶ・・・・・」
研修医と若林先生はなにやら話し合っている。

「じゃあ次は、この器具だな。」
指導をするオードリー若林の連チャン確実な予告リーチ!

「!」
そこまで予想はしてなかった。

どんな器具だ?体制的にこちらからは見えない!
かといって覗き込むのも変だ。
などと考えていた瞬間・・・

ずぶ!!

「おきゃーーーん!!」
ふたたび心の中で叫んだ。

それはたぶんAVにも出てきそうな、狭いところを開いて見る器具だろう。
私の菊門に突き刺され、菊門は開か・・・・開か・・・・!!!
研修医はその器具を初めて使用するらしくなかなか「開け」ないらしい。

「こうするんだよ。」

と言うとおもむろに若林は『トン!』と器具上部をゲンコツで軽く叩き、
器具先端を奥深くまで挿入した。(R18指定)

ずぶん!!!
「ティモテーー!!!」

心の中で叫び呻いた。
閉ざされていた門は開かれた。

腹の激痛も一瞬忘れた。
代わりに菊門の激痛が響いた。(R18指定)

「だいぶ荒れてます。CTを撮りましょう。」

研修医と若林は少し汚れてしまった菊門廻りをタオルで拭きながら言った。

どこからともなく湧いてくる敗北感を味わいながらCT撮影室へ行き、腹部撮影をされた。

「直腸のまわりが恐ろしいほど腫れてます。入院しますか?入院したほうがいいです。」
若林は腹部CT画像を見ながらにこやかに語った。

きた!『入院』の二文字。
病名が虫垂炎だったら、もしかしたらくると想っていた二文字。

『だが、断る!』と心の中で叫びながら、次の台詞を言った。
「どうしても入院しなくちゃいけないんですか?」

「病院側としては強制できません。」

「では、入院はちょっとしたくありません。」

「わかりました。でも必ず本日の外来を受診して下さい。」

本日?ああビックベーンたんの針はもうAM2時をまわっている・・・。

長かった。
私は勝ったんだ。
『黒部の太陽』のごとく、決壊しそうな菊門を防ぐ戦いに・・・。



7月16日

超巨大要塞の朝は早い。

若林に指定された『消火器肝臓内科』へ行くと、患者は待合室を溢れ廊下まですでに大行列。
AM9時から診察開始で今はAM8時。
となりのおばあちゃんに聞くと、いつも常連の皆さんはAM7時には来ているそうだ・・・。

診察券を窓口に出す。

「受付されてませんね。」

「?」
そう、超巨大要塞のため機械化が進んでいるのだ。
正面玄関に数台並んでいたATMのような機械に診察券を通し、
レシートのような整理券をもらって一緒に出さなくてはいけなかったのだ。

相変わらずの腹部激痛に耐えながら、レシートのような整理券を取ってきた。

「ああ、初診なので今日は総合内科で診察になりますね。」

なにぃぃぃぃ!若林てめぇー!トゥース!

なぜか春日口調で心の中で怒りながら、腹部激痛に耐えながら総合内科へ移動。
超巨大要塞のため、内科も『東内科』『西内科』『総合内科』の三つに分かれている。
それぞれ16人づつくらい外来担当の先生がいるのだ。

そして・・・・・4時間後、やっと呼ばれて診察を受けることができた。

僕は今BARカウンターのように回転できる椅子に座って彼女を観ている。

彼女はフジテレビ松尾翠アナにそっくりな、若くてかわいい女医だ。

彼女は前の客(患者)のPCへの入力を終わると、こちらを向いて少し微笑んだ。

この胸の高鳴りはなんだろう・・・。

彼女は処方箋という名の最高に美味しいカクテルをつくってくれそうだ。








To the next season!!!

彼女が処置してくれた僕の腕画像
[PR]
by tencho77 | 2010-09-20 00:50 | 【進ぬ!電波中年】
「神山さんのポストカード販売は今回は無いんですよ。」

「そうですか、残念です。じゃ、この展示会の告知ポストカードだけ頂いていきます・・・。」

b0179540_13244777.jpg


外回りの仕事から暗黒街へ帰る途中にギャラリーがあり、少しだけ寄れたのだ。

b0179540_13281395.jpg


これが7月12日夕方の出来事。
想えばこの時から毒素が体内を駆け巡っていたのだ・・・。

まさに生きている今日が修羅場だったのだ。

以下、阿鼻叫喚の日記

7月13日
少し夏バテ気味かなと想うくらいで特になにもない。

7月14日
経費節約とかなんとかで午前中暗黒街に冷房がかかっていない・・・。
そういう日に限って午前中内勤になってしまっていた。
帰宅するとそのせいで体調が不調と想い、20時に就寝した。

7月15日
偶然にも事前に有給休暇をとっており暗黒街仕事はオフ。
近くの劇場に『 踊る大捜査線3 』を朝一の回で観に行く。
午後からまあまあの腹痛、近くの診療所に行く。

「少し発熱してるし、まぁお腹の風邪か、もしかしたら軽い虫垂炎かもね。」

診療所のDr古老の診断だった。
帰宅して少し横になっていた。

夕食も食べる気が起きず食べないでいた。
腹痛、いや腹の激痛がじわじわと攻めてきた。

救急車か?いや、TVでも救急車をタクシー代わりにしてはいけないと言ってたし・・・。

とりあえず地元の救急ダイヤルに電話して相談してみる。

「ご自分で病院に電話してみて下さい。該当はA、B、Cの3病院があります。」

電話番号をメモり、まずは最も近隣の総合A中央病院へTEL。
苦しい声で症状を訴える。

「あいにくその症状で救急ですと設備が整ってませんので・・・。」

受け入れ拒否である。

次に駅にして2駅先のB市民病院

「あいにくその症状で救急ですと設備が整ってませんので・・・。」

おなじ台詞で受け入れ拒否である。

次にタクシーで20分と少し遠い、山の中腹にある超巨大要塞C医大病院へTEL。

「その症状ですと、とにかく夜間救急へ来て下さい。」

着替える余裕など無く、部屋着の短パン、Tシャツ、サンダルで部屋を飛び出した。
あいにく自宅近隣や最寄駅近辺にはタクシーがほとんど通らない。
犯人の銃弾に撃たれ、「・・・・・ボス。」と呻きながら苦しむ殉職刑事のように数百m歩いた。

するとC医大病院とは逆方向を向いてるが、ローソンの駐車場に個人タクシーが停車している。

運転手はローソン店内で買い物中のようだ・・・。
タクシーのそばで待つかと車に近づくと、ちょうど運転手のおじいさんが袋をさげて戻ってきた。
苦しい声で行き先を訴える。

「C医大病院までお願いします・・・。」

おじいさんはこころよく引き受けてくれた。

「その感じは夜間救急の建物だな。」

「はい・・・。」

少し安心して窓にもたれかかるように、後部座席で横になった。

「あ~買いすぎたな。にいちゃん!食うかい?」

そう言って運転手のおじいさんがローソンのおにぎりをひとつ差し出した。

『く、食えるかー!!』

心の中でおもわずそう叫んだのだった・・・。






To the next season!!
[PR]
by tencho77 | 2010-08-11 14:22 | 【進ぬ!電波中年】

阿倍教官日記!

【インテリグルメレポート】チャーハン編
b0179540_09775.jpg

****************************************

朝 暗黒街から突然新感線での旅を 昨夜の女王様のごとく命令され 降りしきる鞭のような雨を
背中に受けながら せまりくる時間と戦い 駅までよだれを垂らしながら走り 仕方なく飛び乗った。

旅先まで立ち続けるのは タフマンいやアルギン ユンケルなどを体に補給しないと難しいため
確実に座れる少々チップが弾む 指定された客席を陣取った。

しかし そこは三角木馬のような地獄の快感を覚える客席。隣がしょこたん風の若い女性なのだ。
座って速攻で寝て 我慢できない衝動をごまかそうとした・・・パラりパラり・・・そのしょこたんは
比較的大きな音立てて レディースコミックだろうか 雑誌を読みだした・・・・・・・・眠れない!

眠れないまま いくつかの駅がイってしまうのを横目に感じつつ しょこたんが満足して雑誌を
読み終えるのを感じ取った・・・彼女の横でお互いの全裸を想像してやっと寝れる! 

・・・次の瞬間 バリバリ!ぎゃ~~っ! しょこたんはそのいやらしい舌使いでポテチを痛めつけ
飲みこんでいる。もう我慢できない私は目的地 新神戸の前で途中下射をしてしまった。

******************* 終 ******************

今朝 「パクリなんかじゃない!!」と叫ぶ自分の声で 目が覚めた裏店長です。

途中下車した地にて 色んな意味でオロオロ~~しながら 時計をみると時間的にランチタイム

と思いきやもうおやつの時間 でも朝から何も食べていなかった私は 昼のおかずの時間!

美味しい昼食を求め あたりをウロウロ~~。 するとありました中国料理店。
b0179540_112023.jpg

おお~~!15時に一旦閉店前のギリギリ14時40分入店です。

この店の人気メニュー1位 海鮮あんかけ焼飯をさっそく注文! ご主人が手際よくささっと料理。

チャーハンの上にプリプリの海老など海の幸が沢山入った なんとフカヒレのあんかけが!

このありそうでなかった中華料理食材のコラボレーション!ではさっそく いただきます!
b0179540_1113018.jpg

パクパク~!!う~む!!

う・・・・・美味い!!

チャーハンのドライ感とあんかけのヌルヌル感のコンビネーション最高っす。

フカヒレの豪華さもあるのに 1025円ですから お安いですね!

それでは 恒例インテリグルメ舌 120%UP!!
[PR]
by tencho77 | 2010-04-24 01:29 | 【進ぬ!電波中年】
「どこか知らない遠い国に行ってしまいたい・・・。」

そう想ったことはありませんか?

日々濃くなり辛さが増していく暗黒街。
表店長の仕事に心が折れてしまった・・・。
海外逃亡を妄想した私は、気がつけば首都高で営業車を南へ走らせていた。

『 密入国 』という言葉はよく耳にする。
『 密出国 』という言葉はあまり耳にしない。
海外逃亡をするのにはたして『 密出国 』は出来るのか・・・。

首都高にのってから小一時間、
『 君が想うよりオオカミ 』の舞台にもなった有名な広大な埠頭に着いた。

広大な敷地のため、『 C 』や『 P 』、『 T 』などアルファベットで区画されている。

税関や検査場などが建ちならんでいるため、
『 関係者以外立入禁止 』の看板が路肩や頭上のそこかしこある。
b0179540_0134981.jpg


しかしながら検問があるわけでもなく、素通りで侵入できた。
もはや『 進ぬ!』の意味合いは『 進入 』=『 侵入 』となりつつあるのか・・・。

地図を見てどの区画の港へ侵入しようか考えた。

アルファベットで区画された『 上屋 』と表示されている港。
『 C 』は内陸よりなので選択肢にない。
海沿いの『 P 』か『 T 』、どちらにするか。
小説風の主人公モデル『 おきゃん姐さん 』から『 おきゃんてぃ~ 』の
『 てぃ~ 』で『 T 』にしよう。

遠目に望むT区画入口にはさすがに警備員の姿が見える。

「どちらへ?」
「何の用事で来られましたか?」
「車輌の検査をさせて下さい。」
警備員からこのような質問がくることを頭の中で想定していた。

「○○港運に納品です。」
T区画内のたまたま視界に入った運輸会社を使う回答を想定していた。

以前、千葉県にある超有名国際空港の車輌検問でふざけた回答をして警備員の怒りに触れ、
無駄に長い時間を浪費した経験からの想定だ。

車輌を停めた。

「だめだめそこに停めたら!」

そう、警備員の気をそらすためにわざと入口門の中心に車輌を停めたのだ。
門の内側横に警備員から誘導された。



車輌の中を少し見ただけで、しかも警備員自ら入港台帳に書き込みをしてくれている。
車輌後部はスモークでほとんど見えないにも関わらず・・・。

「お疲れ様です。」

「はい、これ見えるところに置いて。」

b0179540_0571762.jpg

まんまと通行証を入手し車輌のフロントに置き、港内に侵入。

ナンバープレートの無い『 構内専用車 』に紛れて目立たぬように車輌を停める。

以前、千葉県にある超有名遊園地裏側で、フロート(パレード用車輌)の車庫前に駐車してしまい、
遊園地側の怒りに触れ、無駄に長い時間を浪費した経験からの行動だ。

船を捜し海方向へ歩いていく。

すると周りには車輌が何台も無造作に置かれている。
停められているのではない、置かれているのだ。
b0179540_143550.jpg

なぜなら車輌が破損しているから、置かれているのだ。
b0179540_1114772.jpg

特にこの車輌は怪しい・・・。
フロントガラス銃痕のようなヒビ。
そして白いチョーク?のような質感で書かれた『 ドバイ 』の文字。
ドバイからの密輸入なのか?
それともヒビは運転者によるもので、ドバイに密輸出される事故車なのか?

そういえば来る途中、このT区画の隣りに国道を挟んで鉄鋼上屋が見えた。
陸では続いていないが、当然海面では続いている。
やはりこの車輌はドバイからの密輸入だ。
隠れて海伝いに鉄鋼上屋に運ばれ、スクラップとなり闇市場に流れる・・・。

勝手に想像しながら少し歩くとやっと船が見えた。
b0179540_119308.jpg

侵入するには小さすぎず大きすぎず丁度よい規模だ。

ふと想った。
行き先は・・・。

「お疲れ様です。今日あれどこ行きでしたっけ?」

200メートルくらい先に歩き、白い土嚢のような積荷をいじっていた作業員に尋ねた。

「おう。お疲れさん。伝票には確かマレーシアってなってたぜ。」

「そ、そうでしたね。」

マレーシア・・・。
瑠璃色の海、ビーチリゾートや香港のような夜景だったか。
自分としてあまりなじみが無く、はっきりと認識していない国だ。

知らない国は言葉で絶対苦労すると想う。
何語圏?

数年前出張を中心に海外渡航が多かった時期がある。
ニューヨーク、サンフランシスコ、ロス、韓国など英語が通用するならなんとかなった。
ドイツヤフランス、スイスは英語が通用せず苦労のしっぱなしだった。

携帯電話が鳴った。

なんとかの皮算用で言葉の気苦労をしていた妄想馬鹿人は我に返った。
仕入先の営業担当の女性だった。
もちろん日本語である。

「突然ですが、私、今月20日付で辞めるんです。」

出版社の広告部から今の仕入先に入社してまだ1年も経っていない。
明日事情を説明したいという。

「わかりました。明日商談しましょう。」

何の気なしに秋葉原でアポイントを入れてしまった。

会社をすぐ退職するなど、何かから逃げることは簡単だ。
自分はまだ逃げないでおこう。
頑張れるという妄想ではなく、暗示をかけておこう。

滞在時間の長さをつっこまれることもなく、警備員に通行証を返却した。

今度は首都高で営業車を北へ走らせていた・・・。











To the next season!!!
[PR]
by tencho77 | 2009-11-11 01:56 | 【進ぬ!電波中年】
2009.7.9 18:40 
 『 暗黒街の叫び 』を更新しようとしていた。
 『 となりのレトロ 9-C(裏面)匹目 次、カエルって言ったら・・・ 』を書き出す。
 
 すると、となりのエキスパート住人が書面を持ってきた。
 
 どうやら、『 進ぬ!電波中年 』仕込みの仕掛けにターゲットが引っかかったようだ。

 日テレ『 進ぬ!電波少年 』は、アポなし取材でいろいろな所へ突撃、侵入するのがメイン。
 今回の『 進ぬ!電波中年 』もそんなことをしてみよう。

2009.7.11 13:30
 年に一度の暗黒街ツアー終了。
 参加していた、となりのエキスパート住人に最終確認。

2009.7.13 9:30
 みるさんのコメント『 周りから固めるタイプと・・・云々 』を想い出す。
 ハードルは高い。
 いや、高かった。
 先に結果を言ってしまうと、自分としては『 失敗 』と認識しています。
 理由は侵入先内部の実写が撮れなかったからです。
 アポなしで侵入しようとしていたが、仕事においてエキスパートのとなりの住人が
 気を利かせて、先方に連絡が入っていたのだ。
 侵入先に侵入時間がバレてしまったのも原因のひとつ。
  
2009.7.13 9:30
 書面を確認し、車で暗黒街を出発。
 
2009.7.13 10:10
 侵入先はオフィス街の一角。
 日本の中心と言っても過言では無いところ。
 そばに大きい公園があります。
 
b0179540_19222273.jpg


2009.7.13 10:15
 左前方に侵入先が見えてきました。
 
b0179540_192744.jpg


2009.7.13 10:20
 『 本店 』と呼ばれる侵入先建物周りを一周。
 さすが『 本店 』、警備員らしき人が20m~50m間隔でいる。
 駐車場らしき入口は三ヶ所だ。

2009.7.13 10:25
 まずは正面入口に最も遠い、海外関連建物の寄りに行く。

 書面を見せ、駐車場がないか尋ねる。

 「自分とは別の部隊の同じような人間が、側面入口にいるので、そこで聞いて下さい!」

2009.7.13 10:31
 側面入口前に路上駐車をし、警備員らしき人達の詰め所のような小さい建物へ行く。
 書面を見せ、駐車場がないかと入口を尋ねる。

 「ちょうど左先の入口の人間に話せば、通行許可バッジがもらえ地下駐車場に入れます。」

 「入口はここ?」

 「はい。こちらでも良いですが、この書面ですと正面入口がよいかと・・・。」

 チラと横を見ると、タクシーから降りてきたり、本店専用車で帰ってきたり、
 よく見ると『 本店 』の人達は濃い水色に黄色文字のワッペンの制服か、
 制服以外の人達は、首から提げた比較的小さい身分証明書を見せて建物に入っている。
 
2009.7.13 10:42
 左先の入口から少し敷地に入った状態で車を停める。

 ピピピピピ!

 警備員らしき人が突然笛を吹いた。
 なんの騒ぎだろう?
 
 「君!ここ一般車輌が入れるわけないじゃないか!」

 書面を見せて、海外関連建物の寄りの人間に聞き、側面入口の人間に聞いた経緯を話した。
 警備員らしき人は無線でなにか話している。

 「一般車輌はダメだよ。」

 ただそれだけ言い放ち、そっぽを向いてしまった。
 同僚の警備員らしき人達が、間違った案内をしているのだから詫びを入れるのが普通だろう。
 強行突破で車輌ごと侵入してしまおうか、とも想ったがやめた。
 侵入できなくなるどころか『 本店 』から帰れなくなってしまう可能性もある。

2009.7.13 10:55
 先程の近くの大きい公園地下有料駐車場に車を停める。
 『 本店 』まで歩いて出発。

2009.7.13 11:10
 暑い中、汗をかきながら正面入口手前の門に着いた。

 「どちらへ?」

 さっきとはもう違う、警備員らしき人がローテーションで門番のようにいる。
 所持品やボディのチェックがあると面倒なので・・・・
 ・・・・いや、『 本店 』の人間になりすます為に書面だけを持ってきた。
 
 書面を見せると当然スルー。
 第一関門クリア。

2009.7.13 11:10
 正面入口に着く。

 「どちらへ?」

 さっき、見てなかったのか?
 見えないほど離れてない距離だ。
 それともマニュアルなのか?

 書面を見せる。
 第二関門クリア。

 受付に書面を見せる。
 意外にも茶髪の若か目の女性二人。
 かわいらしいピンクのチェックの制服だ。
 
 「となりの待合室でお待ちください。」

 正面入口左脇、広さ6畳ほどの病院の待合室のミニ版にとおされる。
 雑誌も10冊くらい置いてある。
 他にも待っている来店者が4人ほど。
 だいぶ待たされているようだ。

 そう、これを狙っていたのだ。
 アポなしであれば突然の訪問、待たされたかったのだ。
 待たされている間、『 君が想うよりオオカミ 』舞台の実写を撮影しようとしたのだ。

 まずはうしろから受付の二人を写メで・・・。

 すると到着時間を予測している人物が、予想外に早く来てしまった。

 人物が書面をチェック・・・少し怪訝な表情になったがすぐ戻る。
 
 書面は東村山の支店系由の仕掛けになっている。
 でもこの『 本店 』人物に呼ばれるよう仕掛けしておいたのだ。

 書面を渡し、受付付近で人物と別れた。
 
 チャンス。
 手ぶらでもありいつもの黒系スーツ。
 『 本店 』の人間のふりをして正面入口内部の扉を抜ける。
 
 「どうしたんですか?」

 先程の人物が同僚と話していて、まだそばに居たのだ。
 しまった・・・。

 「ちょっと、御手洗いを・・・。」

 「すいません、一般のかたは許可無しでこれ以上は・・・。」
  
 侵入はここまでとなった。
 第三関門が今回は突破できなかった。
 
 帰りがけ、このチェーンの決めポーズ、手をおでこにあてると、

 「お疲れ様です!!」

 と、またまたローテーションで変わっている警備員らしき人が元気に挨拶してくれた。 

 このようにして内部は実写できなかった。
 外観は当然撮れました。
 
b0179540_20263974.jpg

 
 私はこの『 本店 』、いや、このチェーン全体が大嫌いです。
 




 

 To the next season!!
[PR]
by tencho77 | 2009-07-13 20:40 | 【進ぬ!電波中年】