【君が想うよりオオカミ】    男女の間に友情という観念は成立するのかを描く小説       【TVブロ酢】           辛口、甘口でないスッぱい批評        【となりのレトロ】


by tencho77
2009.7.9 18:40 
 『 暗黒街の叫び 』を更新しようとしていた。
 『 となりのレトロ 9-C(裏面)匹目 次、カエルって言ったら・・・ 』を書き出す。
 
 すると、となりのエキスパート住人が書面を持ってきた。
 
 どうやら、『 進ぬ!電波中年 』仕込みの仕掛けにターゲットが引っかかったようだ。

 日テレ『 進ぬ!電波少年 』は、アポなし取材でいろいろな所へ突撃、侵入するのがメイン。
 今回の『 進ぬ!電波中年 』もそんなことをしてみよう。

2009.7.11 13:30
 年に一度の暗黒街ツアー終了。
 参加していた、となりのエキスパート住人に最終確認。

2009.7.13 9:30
 みるさんのコメント『 周りから固めるタイプと・・・云々 』を想い出す。
 ハードルは高い。
 いや、高かった。
 先に結果を言ってしまうと、自分としては『 失敗 』と認識しています。
 理由は侵入先内部の実写が撮れなかったからです。
 アポなしで侵入しようとしていたが、仕事においてエキスパートのとなりの住人が
 気を利かせて、先方に連絡が入っていたのだ。
 侵入先に侵入時間がバレてしまったのも原因のひとつ。
  
2009.7.13 9:30
 書面を確認し、車で暗黒街を出発。
 
2009.7.13 10:10
 侵入先はオフィス街の一角。
 日本の中心と言っても過言では無いところ。
 そばに大きい公園があります。
 
b0179540_19222273.jpg


2009.7.13 10:15
 左前方に侵入先が見えてきました。
 
b0179540_192744.jpg


2009.7.13 10:20
 『 本店 』と呼ばれる侵入先建物周りを一周。
 さすが『 本店 』、警備員らしき人が20m~50m間隔でいる。
 駐車場らしき入口は三ヶ所だ。

2009.7.13 10:25
 まずは正面入口に最も遠い、海外関連建物の寄りに行く。

 書面を見せ、駐車場がないか尋ねる。

 「自分とは別の部隊の同じような人間が、側面入口にいるので、そこで聞いて下さい!」

2009.7.13 10:31
 側面入口前に路上駐車をし、警備員らしき人達の詰め所のような小さい建物へ行く。
 書面を見せ、駐車場がないかと入口を尋ねる。

 「ちょうど左先の入口の人間に話せば、通行許可バッジがもらえ地下駐車場に入れます。」

 「入口はここ?」

 「はい。こちらでも良いですが、この書面ですと正面入口がよいかと・・・。」

 チラと横を見ると、タクシーから降りてきたり、本店専用車で帰ってきたり、
 よく見ると『 本店 』の人達は濃い水色に黄色文字のワッペンの制服か、
 制服以外の人達は、首から提げた比較的小さい身分証明書を見せて建物に入っている。
 
2009.7.13 10:42
 左先の入口から少し敷地に入った状態で車を停める。

 ピピピピピ!

 警備員らしき人が突然笛を吹いた。
 なんの騒ぎだろう?
 
 「君!ここ一般車輌が入れるわけないじゃないか!」

 書面を見せて、海外関連建物の寄りの人間に聞き、側面入口の人間に聞いた経緯を話した。
 警備員らしき人は無線でなにか話している。

 「一般車輌はダメだよ。」

 ただそれだけ言い放ち、そっぽを向いてしまった。
 同僚の警備員らしき人達が、間違った案内をしているのだから詫びを入れるのが普通だろう。
 強行突破で車輌ごと侵入してしまおうか、とも想ったがやめた。
 侵入できなくなるどころか『 本店 』から帰れなくなってしまう可能性もある。

2009.7.13 10:55
 先程の近くの大きい公園地下有料駐車場に車を停める。
 『 本店 』まで歩いて出発。

2009.7.13 11:10
 暑い中、汗をかきながら正面入口手前の門に着いた。

 「どちらへ?」

 さっきとはもう違う、警備員らしき人がローテーションで門番のようにいる。
 所持品やボディのチェックがあると面倒なので・・・・
 ・・・・いや、『 本店 』の人間になりすます為に書面だけを持ってきた。
 
 書面を見せると当然スルー。
 第一関門クリア。

2009.7.13 11:10
 正面入口に着く。

 「どちらへ?」

 さっき、見てなかったのか?
 見えないほど離れてない距離だ。
 それともマニュアルなのか?

 書面を見せる。
 第二関門クリア。

 受付に書面を見せる。
 意外にも茶髪の若か目の女性二人。
 かわいらしいピンクのチェックの制服だ。
 
 「となりの待合室でお待ちください。」

 正面入口左脇、広さ6畳ほどの病院の待合室のミニ版にとおされる。
 雑誌も10冊くらい置いてある。
 他にも待っている来店者が4人ほど。
 だいぶ待たされているようだ。

 そう、これを狙っていたのだ。
 アポなしであれば突然の訪問、待たされたかったのだ。
 待たされている間、『 君が想うよりオオカミ 』舞台の実写を撮影しようとしたのだ。

 まずはうしろから受付の二人を写メで・・・。

 すると到着時間を予測している人物が、予想外に早く来てしまった。

 人物が書面をチェック・・・少し怪訝な表情になったがすぐ戻る。
 
 書面は東村山の支店系由の仕掛けになっている。
 でもこの『 本店 』人物に呼ばれるよう仕掛けしておいたのだ。

 書面を渡し、受付付近で人物と別れた。
 
 チャンス。
 手ぶらでもありいつもの黒系スーツ。
 『 本店 』の人間のふりをして正面入口内部の扉を抜ける。
 
 「どうしたんですか?」

 先程の人物が同僚と話していて、まだそばに居たのだ。
 しまった・・・。

 「ちょっと、御手洗いを・・・。」

 「すいません、一般のかたは許可無しでこれ以上は・・・。」
  
 侵入はここまでとなった。
 第三関門が今回は突破できなかった。
 
 帰りがけ、このチェーンの決めポーズ、手をおでこにあてると、

 「お疲れ様です!!」

 と、またまたローテーションで変わっている警備員らしき人が元気に挨拶してくれた。 

 このようにして内部は実写できなかった。
 外観は当然撮れました。
 
b0179540_20263974.jpg

 
 私はこの『 本店 』、いや、このチェーン全体が大嫌いです。
 




 

 To the next season!!
[PR]
# by tencho77 | 2009-07-13 20:40 | 【進ぬ!電波中年】
あいかわらず楽しそうに談笑する4人・・・。
「あった!あった!ガンコントローラ!」などと光線銃シリーズの紹介をしている。
b0179540_19535325.jpg


ミスターXが「PTAを意識して教育を意識したソフトが増えたんだ!」と言えば、
b0179540_2092717.jpg

今まであまりしゃべらなかった、インドマンが衝撃の一言!!
「ゲームで運動するって何それってかんじ。」みたいなことを!!!
b0179540_1956780.jpg

ええー!
これって『 Wii Fit 』の前身じゃないのか?
インドマン、ニンテンドーの社員だったら、その将来性をみる目のなさでクビですね!

そして出ました!
『 クレイジークライマー 』
b0179540_2003078.jpg

またしてもインドマン!鈴木美加さんに突起を持った手を触られ、悦に浸っているのだ。
謎だぞ!インドマン!

そして突然、他社の家庭用ゲーム機が攻めてきたとのMC。
b0179540_20111815.jpg

でもニンテンドーは『 ドラクエⅢ 』の活躍もあり、難を逃れたとのMC。
そして再びダラダラと、カルトゲームの紹介になるのです。

『デッドゾーン 』
b0179540_2018478.jpg


『 レリクス 暗黒要塞 』
b0179540_2015595.jpg

ミスターX「このゲーム、ロードが長いんだ!またこれが長い時間楽しめていいんだ!」

・・・。

『 聖剣 サイコカリバー 』
b0179540_20195766.jpg

渡邊氏「このゲーム、本とかいろいろセットで入っててパッケージが大きくて好き!」

・・・・・『 聖剣伝説2 』はたまにプレイします。

『 いきなりミュージシャン 』
b0179540_2024184.jpg

ミスターX「ファミコンで作曲ができるってすごいよな!」

・・・たしかに当時はすごかったのかも知れませんね。

『 赤川次郎の幽霊列車 』
b0179540_2027482.jpg

渡邊氏「原作赤川次郎、音楽すぎやまこういち、そしてイラストは、わたせせいぞうで豪華!」
ミスターX「ハートカクテル!ハートカクテル!」

ミスターX、そのマスク姿でハートカクテルに興奮!

そして突然画面が変わって、ツインファミコンの紹介と同時に、
MC「ついにスーパースターが誕生した!」
b0179540_20334477.jpg

で、高橋名人の登場です。

中村名人の紹介がちょっとだけあり、また少しだけカルトゲームの紹介。
『 マイティ ファイナルファイト 』
b0179540_2036648.jpg


私もこのゲーム、ゲットしたいですね!

このあと『 スーパーマリオブラザーズ3 』のチン・・・違った、ワープ笛の取り方や、
b0179540_20382465.jpg

『 グラディウス 』のフル装備、『 テトリス 』の連続消しなど裏技、攻略法の紹介が続きます。

そして、未来型ゲーム遊び方法として、代官山クラブイベントの紹介になるのです。
b0179540_20454378.jpg

プロジェクターを使い、クラブの壁にゲーム画面を映しながらプレイするイベント。
b0179540_2048170.jpg

ものすごくうるさそうで、ゲームBGMが絶体聞こえなさそうです。
b0179540_21184365.jpg

このイベントで『 TMネットワークライブインパワーボウル 』をプレイしたら最高!?





next Capture! 9-C(裏面)匹目
[PR]
# by tencho77 | 2009-07-08 20:53 | 【となりのレトロ】レトロゲーム
諸事情によりtöЯnikki-Sixx・・・違った、今週末に暗黒街主催のツアーがあり、

どうやら表店長が忙しいため、今週はGAME WEEKとなります!

よってまさかの、となりのレトロ連チャンです!

ファミコンなど、レトロゲームをレビューするにあたって、かかせない存在が彼の存在。

そう、『 スーパーマリオ 』さんです。

当時私は彼のPVを入手していました。
b0179540_20594416.jpg

『 ファミコンパーフェクトビデオ 名作・傑作100選 』とパッケージにはうたってあります。

早速、PVの中身をレビューしてみましょう!
ビデオの案内人はこのコウモリ?君
b0179540_2103398.jpg

コウモリ君のMCで、ファミコンの『 歴代ソフト売り上げランキング 』のコーナーからはじまります。

3位が『 スーパーマリオ3 』・・・。
b0179540_2143716.jpg

2位が『 ドラゴンクエストⅢ 』となんだかややこしい順位で、1位は当然『 スーパーマリオ 』です!
b0179540_2152128.jpg

そして、順位発表のあとは謎のメンバー4人による、ファミコンソフトの品評会。
b0179540_21101527.jpg

渡邊氏は映画『 GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦 』や
小説『1999年のゲーム・キッズ』で著名なかたと存じております。

そして、ミスターX氏とインドマン氏・・・・・なんも言えねぇ。

紅一点の鈴木美加さんは・・・・・存じませぬ。

この4人がワイワイ、カルトなゲームや周辺機器などをダラダラ紹介していくのです。

「ファミリーベッシックっていいよね!」
b0179540_21112077.jpg

とか

「ナゾラーランドあったよね!」
b0179540_21114999.jpg

とか

「かってにシロクマはいい!」
b0179540_21142086.jpg

とか

「もぐらたたき用のパット、あったよね!」
b0179540_21152436.jpg

とか

渡邊氏「ぼくがたずさわったゲームだよ!」
b0179540_21163166.jpg

など、今ではカルトゲームとなったものをダラダラと紹介していくのです。

そして次は・・・彼がなぜ踊っているかは次回にて!
b0179540_21184365.jpg





next Capture! 9-B匹目
[PR]
# by tencho77 | 2009-07-06 21:21 | 【となりのレトロ】レトロゲーム
怖いものみたさで学生時代はよくホラー映画などを観ました。

ちかごろみなさんのブログで『 ホラーマン 』の画をよく観かけるような・・・。

そんなわけで、となりのレトロ8匹目は、『 ホラー系 こわいいはつくれる! 』です!

ゲームセンター少年の頃、当時としてはホラー色が強いイメージでインパクトのあった『 魔界村 』。
主人公アーサー騎士の独特な動きで、アーケードでも結構100円注ぎ込みました。

そんな魔界村シリーズをプレイする為に、ファミコン以外にPS2ですが
『 カプコンクラシックスクレクション 』も所有しています。
b0179540_18185297.jpg

まずは『 魔界村 』をレビューしてみましょう。

アーサーは私ごときの腕っぷしではすぐ、パンツ一丁になってしまうんです。
なので誰かがパンツの中に・・・違った、パンツに注目してみました。

するとファミコン版だけアーサーのパンツの色が違うようです!
b0179540_18271620.jpg

アーケード版『 魔界村 』アーサーの白色トランクス。
b0179540_18214214.jpg

『 大魔界村 』アーサーの白色トランクス。
b0179540_18225014.jpg

『 超魔界村 』アーサーの白色トランクス。
b0179540_18222081.jpg

ファミコン版『 魔界村 』アーサーの赤色ブリーフ!
b0179540_18241357.jpg

ファミコン版だけなぜ赤色、しかもブリーフなのか?・・・・・謎です。
そしてファミコン版エリア6には今話題の職人さんが敵として出現!手ごわい!
b0179540_18251141.jpg

レッドアリーマーなど手ごわい敵が多いこのゲーム。
b0179540_18285010.jpg

さしづめスーパーマリオのホラー版といったところでしょうか。

もうひとつおすすめのファミコン版『 ホラー系 』を紹介します!
『 スプラッターハウス わんぱくグラフィティ 』です!
b0179540_18292431.jpg

ホッケーマスクをした13日の金曜日に出勤の主人公が戦う、横スクロールアクションゲームです。
b0179540_1830202.jpg

アーケード版は今では発禁レベルの容赦ない残酷描写です。
ファミコン版にするために、かわいいアレンジがされたようです。
主人公をよみがえらせた女の子がさらわれる、『 魔界村 』を想わせるようなゲームオープニング!
b0179540_18323354.jpg

かわいいだけでなく、味のあるホラー系のアレンジがしてあるのがこのゲームの特徴で、
そこが私は好きです。

まず1面でのドラキュラ。
『 スリラー 』のような曲調とダンスで登場する中ボスです。
b0179540_18351139.jpg

マイケル・ジャクソンさんのご冥福をお祈りします。

そして3面でのシーン。
同じナムコのキャラ『 カイの冒険 』のカイが手術台のようなものに寝かされています。
b0179540_1837474.jpg

すると、腹が膨れだし、中からエイリアンとおぼしき生物が飛び出しこれが中ボス。
b0179540_18373571.jpg

ナムコの自虐的なこのパロディ、大好きです!
3面研究所のボスは『 ザ・フライ 』を意識した人面バエでした。

4面は主人公の故郷と想われる湖。
b0179540_18432869.jpg

その湖には『 助清 』の足が・・・。
b0179540_1844720.jpg

金田一「しまった!僕があの時気づいていれば・・・。」

他にも数々の往年有名ホラー映画が、コミカルにパロディ化されているのです!
キャンディやハンバーガーを食べると体力ふっかつ。
b0179540_18455967.jpg

武器は『 ナタ 』だけじゃなくショットガンもあります。
b0179540_18464625.jpg

ちなみにチェーンソーは敵として襲ってきます・・・。
エジプトや日本ステージという裏面もあって楽しめます。
とにかく怖くてかわいいんです。

『 かわいい 』違った、『 こわいい 』はつくれる!





next Capture! 9-A匹目
[PR]
# by tencho77 | 2009-07-02 18:52 | 【となりのレトロ】レトロゲーム
『 判決 被告に損害賠償 6,230円 の支払いを命ずる 』

6年前、商標を争う民事裁判で暗黒街が受けた判決である。

民事裁判でも、相手方から訴訟を起こされれば『 被告 』といわれてしまう。

私が開発したある商品の商標を巡って、同業企業から商標侵害として1,600万円の
損害賠償を訴えられたのだった。

「約6千円でも負け(敗訴)は負けだ。」と言う暗黒街の偉い住人もいた。

暗黒街の普通の住人達にはあまりわからないよう約1年間、月1回霞ヶ関の裁判所に通った。

結果、判決は敗訴だったが、金額は商標の価値からの推量でぐんと減額となった。
相手方の弁護士もその過程において、こちら側が相手方の別法律違反を切り出してからやる気が無くなり、裁判費用も相手方が負担してくれた。

私が裏の店長になる、これもひとつのきっかけだったかもしれない。

こちら側の弁護士と弁理士は忙しいのか、負けが嫌だったのか裁判所に判決文を
なかなか確認しにいかなかった。
霞ヶ関へ自ら出向いて判決を見せてもらいに行っていた。

暗黒街に帰ると電話が鳴りっぱなし。
そう、裁判や判決の内容が特異であった為、新聞社各社様からだった。

「相手方の企業に言いたいことはありますか?」

「俗に○○(今回の商標単語)って一般名称じゃなかったんですか?」

「これからその商品はどうするんですか!売り続けるんですか?」

なかには丁寧な新聞社もいたが、あくまでも被告側なので、ほとんどが攻撃的な質問だった。

最も頭にきたのが記憶違いであったら申し訳ないが、毎日新聞記者の質問、というか口撃である。

「今回の事件、ウチが当番社だから早くコメントだしてくれよ。」

弁護士を通してきちんと出そうと想っていたので、再度連絡する旨を伝え一旦電話を切った。
弁護士が別の裁判に出廷していて、なかなか連絡がつかなかった。
原稿や印刷の締め切りがあるのか、しびれをきらしたのか再度電話が入った。

「早くコメントだしてくれよ。」

こちらとしてはもうこの一言しかない。

「ノーコメント。」

「なんだよ!ノーコメントだったら、最初からそう言ってくれよ!」

ガチャ!

翌日の朝刊には、記事冒頭に相手方企業の「認められてよかった!」など
流暢なコメントが数行載っており、最後に1行、まるで愛想の無い悪いイメージで
「ノーコメント。」と載っていた。
新聞社によっては「判決文を詳しくみていないのでノーコメントです。」
と丁寧な表現もあった。(巨人ファンでは無いが、たしか読売と日経。)

マスコミは読者や視聴者、聴視者に興味を持ってもらいたいように記事や番組をつくりたいのだ。

今回のTVブロ酢 7chは地デジ7chということでテレビ東京。

そのテレビ東京に出演の時にも、この裁判と同じような感覚に陥ったのだ。

同じく6年程前、裁判とは別件で取材希望とのことで、テレビ東京から出演依頼がきた。

『 ワールドビジネスサテライト 』という経済を中心とした報道番組である。

『 銘品礼賛 』という、商品の歴史や雑学を紹介するコーナーに暗黒街商品をとのことだった。
偶然にもフューチャーする商品には、同仕様商品を持つ創業以来のライバル企業があった。
そのライバル企業にも取材をするという。

取材の順番は暗黒街のほうが先だった。

『 ワンダフル 』の時もそうだったが、台本を事前に読ませてもらっていた。

半日まではいかないが、結構な時間リハーサルをした。
そのリハーサルで出た、台本にないレポーターからの質問がすごく気になっていた。

「ライバル企業に対してなにか巻き返してやろうとか、敵対心はないんですか?」

実はそのライバル企業とは商標で、私が関わった裁判規模ではない、
当時数年間にも及ぶ泥沼の裁判記録があることを知っていた。
同じ業界ということもあり、お互いの敵対心を煽るようなことはタブーなのだ。

「この質問の部分NGでお願いします。」

私はプロデューサー、ディレクターに経緯を説明した。

「わかりました。この部分、台本から抜きます。」

私のもらった台本には最初から載ってねぇーんだよ。

くだんの部分を抜いてもう一度リハーサルをした。
そして本番、

「ライバル企業に対してなにか巻き返してやろうとか、敵対心はないんですか?」

緊張している素人相手だからつい答えると考えたのだろうか。

一旦本番を止めてやろうかと想ったが、とっさに受け答えし乗り切った。

ドラマとかではないので、数週間後にオンエアとなった。

ライバル企業商品の歴史からはじまり、ライバル企業の地道な営業活動と苦労話、
ライバル企業の社長様の談話・・・・・。

そう、オンエアされたのはとっさに答えたこの部分だけだった。
b0179540_18525129.jpg




Next channel 8
[PR]
# by tencho77 | 2009-06-30 19:12 | 【TVブロ酢】